ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

富谷市ふるさと納税

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新

富谷市誕生!ふるさと納税

  私たちのふるさと富谷は、平成28年10月10日に市制を施行し、魅力あるまちづくりをすすめています。 ふるさとを愛する皆さまと市民の皆さまからの寄附金を、伝統・文化を守りながら未来を担う子ども達の教育や若い世代の子育て支援、さらに健康や福祉の増進を図る事業などに充てさせていただき、「住みたくなるまち日本一」のまちづくりの実現に向かって大切に使わせていただきます。
 住み慣れたまちをさらに発展させたいという「富谷市民」の方や、積極的に「富谷市」を応援したいという方からの温かい支援をお待ちしています。

返礼品はこちら!(下記の番号からお選びください)

  1. 寛文元年(1661年)創業、宮城県内最古の酒蔵!
    内ヶ崎酒造店 純米大吟醸鳳陽(720ml)、純米酒鳳陽(720ml)
    (通年申し込み可)
    鳳陽
  2. 2016伊勢志摩サミットで各国首脳もご愛飲!
    富谷市産ブルーベリージュース(500ml)、ブルーベリー黒酢(500ml)
    (限定50セット、お早めにお申し込みください)
    ブルーベリージュース
  3.  手仕込みにこだわった本物の味
    「味の牛たん 喜助 牛たん詰め合わせ しお、たれ、みそ」
    (通年申し込み可)
    きすけ  きすけ
     
  4. プロフェッショナルが誇りをかけてご提供
    べこ政宗 牛タンセット(塩、味噌)
    (通年申し込み可)
    べこ  べこべこ
     

富谷市ふるさと納税の流れ

流れ

(1)寄附申込書の入手
 申込書 [PDFファイル/129KB]
 (お電話いただければ、申込書様式等をお送りいたします。)
 〒981-3392
  宮城県富谷市富谷坂松田30番地
  富谷市企画部企画政策課
  電話:022-358-0517
  Fax:022-358-2365
  メール:kikakuseisaku@tomiya-city.miyagi.jp

(2)寄附の申し込み・返礼品の選択
 郵送・Fax・電子メール・窓口、いずれかの方法により富谷市へ寄附申込書をご提出ください。
 寄付金の額により、4種類の中から返礼品をお選びください。

寄附の額が1万円以上、3万円未満の方は1品、お選びください。
寄附の額が3万円以上、5万円未満の方は2品、お選びください。
寄附の額が5万円以上、7万円未満の方は3品、お選びください。
寄附の額が7万円以上、ご寄附の方には、4品お届けします。

 なお、寄付の額が5万円以上の方には、富谷市市制施行記念オリジナル絵本「ふるさとは、たからのまち」をプレゼントしております(先着50名)。
絵本

(3)納付書送付または現金納付日の確認
 案内状・納付書等をご郵送いたしますので内容をご確認ください。
 ※納付方法等につきましては案内状に詳細を記載しています。

(4)寄付金の納付
 所定の金融機関から納付をお願いします。

(5)寄附金の受領証明書の発行
 寄附入金確認後、受領書を送付いたします。
 この受領書により確定申告の際に、寄附控除の証明書としてご使用ください。

(6)返礼品のお届け
 品物によって、受け取りまでの日数が異なります。
 

寄付金の活用方法

  寄附金の活用は、次の中から皆さまが選択していただく事業等に活用させていただきます。

  1. 暮らしを自慢できるまちづくり事業
    (農業、商工業、観光振興、道路整備、公園整備、公共交通整備に関する分野)
  2. 教育と子育て環境を誇るまちづくり事業
    (教育、子育て環境の整備、生涯学習、スポーツの推進、芸術、文化の振興に関する分野)
  3. 元気と温かい心で支えるまちづくり事業
    (高齢者支援、障がい者支援、健康、保健に関する分野)
  4. 市民の思いを協働でつくるまちづくり事業
    (安心、安全なまちづくり、省エネ、省資源、資源循環、市民参加、住民協働に関する分野)
     

ふるさと納税ワンストップ特例について

 この制度は寄附をされる方が寄附先の自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出することで、確定申告を行わなくても、住民税の寄附金税額控除を受けることができる制度です。「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」は詳細案内・納付書等と合わせて送付します。なお、詳細は別途ご連絡します。

 対象となる方は下記(1)および(2)両方の条件を満たす方になります
(1)所得税や住民税の申告が必要のない方。
 ※地方税法附則第7条第1項(第8項)
(2)その年(1月~12月)にふるさと納税をした自治体の数が5団体以下の方。
 ※地方税法附則第7条第2項(第9項)

住所に変更があった場合
・翌年1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を寄附先団体に提出する必要があります。

ワンストップ特例が無効になる場合
・所得税や住民税の申告を行ったとき
・ふるさと納税した自治体の数が6団体以上となったとき

※詳しくは、総務部税務課へお問い合わせください。(電話:022-358-0518)
 

ご注意ください

  富谷市では、皆さまからの「ふるさと納税」をお受けするにあたリ「寄附申込書」のご提出のない方に、払込案内等を行うことはありませんので寄附の強要や詐欺行為には十分にご注意願います。
 

資料

富谷市ふるさと寄附要項 [PDFファイル/94KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>